“ようす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
容子71.0%
様子13.1%
動静2.5%
態度2.3%
光景1.8%
挙動1.4%
容姿1.1%
風采1.1%
樣子0.7%
姿態0.7%
容態0.5%
容體0.2%
消息0.2%
事情0.2%
内部0.2%
外貌0.2%
0.2%
形容0.2%
情実0.2%
挙止0.2%
景状0.2%
有様0.2%
状態0.2%
状況0.2%
0.2%
近況0.2%
風丰0.2%
風度0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これがまた、白あばたの、年に似合わず水々しい、大がらな婆さんでございましてな、何さま、あの容子じゃ、狐どころか男でも……
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
しかしは三らしいものをったえはない……閻魔様らしいものにった様子もない……やらさっぱりちない。
「ですからお雪さんだって、あなたの動静を遠くから、あゝして見ているんですよ。いてなんかいやしませんよ。」
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
繰拡げたペイジを読入つたのが、態度経文するとは思へぬけれども、神々しく、めかしく、婀娜めいて見えたのである。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
へ寄るまでもなく、な其の障子の破目から、立ちながら光景は、衣桁に掛けた羽衣の手に取るばかりによく見える。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
機に臨んで要領を得ないような挙動をやられるので始終ハラハラした心持でてゆくのであった。
誘拐者 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
あの小僧はちゃくて容姿いので毛唐の変態好色連中が非常にくんだそうです。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
過日の方はあれから入来って、あの翌晩おひとりで、そう可笑いんだよ玉ちゃんが大変岡惚して、風采のいゝ方ねえ、あら姉さんも、何だね厭に気を廻すよ、だって風采が好って
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
ところが用明天皇推古天皇、すなはち聖徳太子天皇から天智天皇頃までは、支那影響けた四角御陵はれて、まったく樣子つてました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
十六七の頃から、彼女は下女達と交つて、客の前へ出るやうになつたが、家の養女だといふのと、小作りの可愛気のある姿態とで、大変客に可愛がられた。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
別段悩める容態もなく平日のごとく振舞えば、お浪はれかつ案ずるに、のっそり少しも頓着せず朝食うて立ち上り、いきなり衣物を脱ぎ捨てて股引腹掛け着けにかかるを
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
振舞小遣など與へて喜ばせ聲をめつゝ其方の主人の娘お高殿に我等豫々る所お高殿も氣のある容體なれども御母殿猿眼をして居る故出來難ければ貴樣に此文を能々人目
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
亡者にせんとのみに相違御座なく候と申立るに大岡殿其方忠兵衞より請たる遺恨と云ふは如何のぞと云はれければ長庵此儀は私しの口よりは申上難く候とて恥入たる容體に見えける故越前守殿兎も角も其方忠兵衞に遺恨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
主税の消息を知っているお葉が、居るかもしれない屋敷の構内から、不穏な物音の聞こえるということは、お八重にとっては心配であった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
お葉に逢って訊ねたならば、恋人主税のその後の消息を、耳にすることが出来るかもしれない。——
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
とにかく、そんな訳で舟を漕ぎ漕ぎ友太郎の話を聞いて行くうちにアラカタの事情がわかると吾輩大いに考えたよ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
……私はそれから裏口の梔子の蔭にを敷きまして、煙管えながら先刻蒸籠い残りをくっておりましたが、そこから梔子の枝越しに、離家の座敷の内部真正面に見えますので
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
眼鏡ももなく、毬栗頭で、黒の背広に鼠色のネクタイという、誠に平凡な外貌の山井検事が、大兵肥満で、ガッシリした、実行力に富む署長と、相対した時には、佳いコントラストを為した。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
許宣はそこに立って室のを見た。中央のの上に置いた虎鬚菖蒲の鉢が、ず女の室らしい感じを与えた。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
掛たら彼方はおどろき病人の診察りと答へし形容不審く殊に衣類生血のしたゝり懸つて有故其の血は如何のやと再度問へば長庵愈々驚怖周章嗚呼殺生はせぬ者なりなきことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「エ学問……出来るというも聞かんが……それとも出来るかしらん。この間から課長の所に来ているのだから、我輩もまだ深くは情実を知らないのです」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この頃の貞之進の挙止が尋常でないので、かつて貞之進をせびり続けた悪太原の如きに至っては、一層く嘲けりこそすれ白銅一箇快くは貸して呉ぬので、貞之進はたゞ怒り易い一方にのみ傾いて
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
その時清を押えくれたる礼をもべつその時の景状をも聞きつ、また一ツにはさんざん清をり叱って以後わが家に出入り無用と云いつけくれんと立ち出でかけ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
あの手拭が頸にい就いてる有様巨細視て下さい。あの手拭は交叉して括っては無い。端からグルグル巻き付けた形になってます。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
あっしは暴れるのをやめてボンヤリと見惚れてしまいましたよ。向うの部屋の状態がアンマリ非道いんで、呆れ返ってしまったんです。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
うしたることもあるまいから、よくよくをつけて天狗界状況をさぐり、不審があったら遠慮なく天狗頭目ねてくがよいであろう……。
るに只だ外部の事にのみ力瘤が入れられたのであつた。
恋愛と道徳 (新字旧仮名) / エレン・ケイ(著)
武男はよりて母の近況を知りまたほのかに浪子の近況を聞きぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
魚頭をつぎ、鱗をふく(宗八の言にありますね。)私窩子でもやってるのじゃないか、と思った。風丰がまた似ていました。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それにしても年紀なり風度なりえばあどけないような所ろから見て、そんなはずはあるまい/\に打消されて、内実どこまでも無垢不染の者にして自分の手に入れたかったのだ、否
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)