“ありさま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アリサマ
語句割合
光景35.8%
有様29.6%
状態13.3%
有樣4.9%
1.8%
形勢1.3%
景況1.3%
容体0.9%
形状0.9%
状況0.9%
形容0.4%
景状0.4%
體裁0.4%
容子0.4%
容態0.4%
容體0.4%
實情0.4%
情勢0.4%
情態0.4%
情景0.4%
惨状0.4%
景樣0.4%
景色0.4%
有状0.4%
様式0.4%
活劇0.4%
現状0.4%
現象0.4%
行粧0.4%
風情0.4%
風采0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これまで私が君に話したことで、君は浅間山脈と蓼科山脈との間に展開する大きな深い谷の光景想像することが出来たろうと思う。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
荷物にも福澤と記さず、コソ/\して往来するその有様は、欠落者が人目を忍び、泥坊が逃げてわるようなで、誠に面白くない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
国は小さく、民はく、しかして残りし土地に荒漠多しという状態でありました。国民の精力はかかるときにめさるるのであります。
片手のり込むを得る程の石にて打ち、恰も桶屋が桶の籠を打ち込む時の如き有樣に、手をかし、次第次第に全形を作り上げしならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
ここにその倉人女、この語る言を聞きて、すなはち御船に追ひ近づきて、その仕丁が言ひつるごと、をまをしき。
雪頽形勢いかんとなれば、なだれんとする雪の、その大なるは十間以上小なるも九尺五尺にあまる
の音、板削る鉋の音、孔をるやら釘打つやら丁〻かち/\響忙しく、木片は飛んで疾風に木の葉の飜へるが如く、鋸屑舞つて晴天に雪の降る感応寺境内普請場の景況賑やかに
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
されど深長なる意味ありて存するごとく、満身の気をにこめて、その瞳をも動かさで、じっと人を目詰むれば他をして身の毛をよだたすことある、その時と同一容体にて、目まじろぎもせで
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さしき見るに見られぬ形状なれば平吉はとばかりに死骸に取付狂氣の如く天に叫び地に悲歎て居たりしがありて氣を取直し涙を倩々と父の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
往年鬼怒川水電水源地工事の折、世に喧伝された状況を幾層倍にして、今は大正の聖代に、北海道は北見の一角×××川の上流に水力電気の土木工事場とは表向、監獄部屋の通称が数倍判りいい
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
白眼し其形容に居並び居たる面々何れも身の毛も彌立ばかりに思ひる惡人なれば如何成事をや言出すらんと皆々手に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なし忽まち血走りつゝ髮も逆立形容にて斯る證人有上は此趣きを直樣に御奉行樣へ駈込で彼の長庵を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ば顏へ押當ながら引るゝ儘に床の上へ倒れ掛りし姫柳に揉るゝ景状なり庄兵衞是は首尾よしと思ふ間もなく娘のお光夜具のをば庄兵衞の顏へすつぽり掛けながら口の所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
んで息絶たりお光はほつと長息夜具かい退てよく/\見れば全く息は絶果て四邊は血汐のからゐ見るもいぶせき景状なり不題大藤左衞門は娘が出しをも知ずてを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
し候由尤も其節長庵が體裁甚だ以て如何敷趣きに有之候旨に御座候之に依て右忠兵衞證據人に相立此段御訴訟申上奉つり候何卒格別の御慈悲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
となりしれさはもなかりけり茲に腰元お島と言は其以前より藤五郎がをかけし女なれば此程の體裁ほしく思ひ人目を忍びて朝夕の食事其外何くれとなく心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
唯真すぐに向を見るのみ、起居振舞自由ならざる、如何しても明治の木曾殿と云ふ容子
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
浴後の顔色冴々しく、どこに貧乏の苦があるかという容態にて男は帰り来る。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
で差出す手薄貧家容體其の内に九助は草鞋を洗ひて上にり先お里へも夫々挨拶して久々る話しをなす中にてお里が給仕にて麥飯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
艦長閣下容易ならぬ事變大佐閣下りました。』と、それより、兵曹とは迭代に、櫻木海軍大佐海底戰鬪艇大成功實情び二十一夜半
勝手な事をしてやろうと腕にをかけて待っているような情勢であります
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
まあ私には、その情態が、まるで錦絵か羽子板の押絵のように思われて来るので御座いますよ。——御隠居様と小式部さんとが二人立ちで……。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その時のお姉様の御主人となっておられた貴方の御先祖……すなわち、この令嬢の一千年前の義理の兄さんであった貴方と、同棲しておられる情景を、現在夢に見ておられるのです
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
総身赤くれたるに、紫斑々を印し、眼もてられぬ惨状なり。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
引開見ればお光はにはや庄兵衞をば刺留つゝ今や自害をなさんとする景樣なるに大きに慌忙ヤレしと大聲んとしが夜隱のことも長家へ漏聞え目を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ホモイはちょっとその動物園景色を考えてみて、たまらなくおもしろくなりました。そこで
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
大自然の、悠然として、らしく目覺るにして、欠伸をし、らし、き、つて、うよ/\とづる有状は、見窄らしいものであるが
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ただ闇雲に、外面如菩薩の、噉肉外道の、自力絶対のと、社会が変っても、人心や生活様式推移っても、後生大事に旧学にりついているのは、俗にいう、馬鹿の一つ覚えと申すもので……。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
如何にも古風らしい一個英國人つてつたが、活劇るより、ぶるぶると身慄して
そこで技手の平岡は田川お富に頼んで、お秀の現状を見届けた上、局を退くとも退かぬとも何とか決めて呉れろと伝言さしたのである。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しめ徐々と出來る跡には役僧二人付そひ常に行粧なりて門まで來り浪人に恭々しく是は/\山内先生には宜こそ御入來成たり御案内と先に浪人する色なく引續いて隨ひ行ぬ扨此浪人の山内先生とは如何なる者といふに九條前關白殿下の御家來にて山内伊賀亮せし者なり近年病身
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
よもや忘れは成るまじとかき口説れて千太郎は何と答へも面目なくも入たき風情なりて久八に向ひ段々の異見我が骨身へ今更んも樣なし以後は心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
美女風采は、格目に、した風情である。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)