絶景万国博覧会ぜっけいばんこくはくらんかい
なんにしろ明治四十一年の事とて、その頃は、当今の接庇雑踏とは異なり、入谷田圃にも、何処かもの鄙びた土堤の悌が残っていた。遠見の北廓を書割にして、茅葺屋根の農家がまだ四五軒も残っていて、いずれも同じ枯竹垣を結び繞らし、その間には、用水堀や堰の …
作品に特徴的な語句
きもち おこらば はる やっ 所以せい はすか きつ ぬく 位置ばしょ 何故どうして あら 周囲ぐるり 当今きょうび いら かく 生長そだち 習慣しきたり うな 頂上いただき おお ほん なま 年齢としのころ とも 皮膚かわ 硝子びいどろ しつ 周囲あたり たし 場所ところ 年齢としごろ はず 禿かむろ 緩急おきふし 薬草くさ 風習しきたり うっ 一歳ひととせ 南室なんしつは おし ばなし 失神きのとお さき 怨念うらみ おのの 東室とうしつ ごう 正常まとも 沈着おちつき 濃紫こいむらさき とも きら 物奇ものず 疑念うたがい つむ べに かげ 視界あたり むご 鉄漿おはぐろ あか 閉会らく ぐし もた 一入ひとしお 一際ひときわ 上目うわめ なら 些中さなか 些程さほど 人中ひとなか 仙州せんしゅう 伽噺とぎばなし たま かし 先刻さっき 光子みつこ 光琳こうりん 八朔はっさく そな 到底とうてい 勿論もちろん 和蘭オランダ わら 四辺あたり 回教サラセン 国分こくぶ せき