“光子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みつこ93.8%
てるこ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近所の二から、光子さんのこえていた。そのませた、小娘らしいは、春先空気けてこえていた。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「これは、きっと、おさんばちにちがいないわ。」とうと、光子さんのからしぜんにあついなみだがこぼれおちたのです。
はちの巣 (新字新仮名) / 小川未明(著)
母屋から離れた二間つづきの茶室の内で、こう軽く驚いていたのは、菖蒲の寮が焼けて以来、その行方を疑われていた光子の御方——
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこへ寄って来たのは、意外にも光子の御方だった。どうして御方がこの屋敷へ入り込んで来たのか、彼には皆目見当がつかなかった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)