“次第次第”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しだいしだい80.0%
しだい/″\20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御性質相違次第次第まってき、人間界では、豐玉姫系玉依姫系との区別なりはっきりつくようになってります。
物凄い電光を発して、山脈の屋根づたいに次第次第に東の方へ押し流れていったものだった。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
片手のり込むを得る程の石にて打ち、恰も桶屋が桶の籠を打ち込む時の如き有樣に、手をかし、次第次第に全形を作り上げしならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)