“人間界”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんげんかい90.0%
このよ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自然界法則があれば、人間界にも法則がある。どのても、ほこらしげに、またらけくくのは、天体法則るからだ。
アパートで聞いた話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
人間界ではないものを……と、亭主なれたやうなをして、しい女房ぐむ。ひがけない、可懷しさにつたらう。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
薔薇色の火光にかされて人間界ならぬ神秘幽幻の気が八方岩石に囲繞された湖の面に漂っているようだ。目前に鏡のように湖が拡がっているではないか!
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)