“真人間”の読み方と例文
旧字:眞人間
読み方割合
まにんげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど、酔うほどに、かれらは、きょうまで覚えたことのない情熱にりたてられていた。——真人間にかえりたいという欲望であった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「腕もなし、資本もなし、それで真人間になろうというのはちっと無理だ、いま奉公に出ればと言って、その腕じゃあ誰も使い手はあるめえ」
金田君及び金田令夫人をもって充たされるであろう。吾輩は切に武右衛門君のために瞬時も早く自覚して真人間になられん事を希望するのである。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)