“人間以上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんげんいじょう50.0%
にんげんいじゃう25.0%
にんげんいじやう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは矢張やら人間以上びな人知れずいているのではないでしょうか。
ロレ 人聲がする。……こりゃよ、ま、てござれ、そこは疫癘無理睡眠宿ぢゃほどに。人間以上折角計畫れた、さ、うござれ。
偉大現象させるものは人間以上人間以上をしたものだらう。想像宗教となり、化物創造するのである。人間には由來好奇心る。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)