“人間世界”の読み方と例文
読み方割合
にんげんせかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さよう、にちがいない。すべてからさめるのをりといいますのう。に、しい、なごやかな、人間世界があるはずだが。」
子供は悲しみを知らず (新字新仮名) / 小川未明(著)
是にれ是にて、年々の㕝なれども雪にこもりをるはおのづから朦然として心たのしからず。しかるに春の半にいたり雪囲取除れば、日光明々としてはじめて人間世界へいでたるこゝちぞせらる。
是にれ是にて、年々の㕝なれども雪にこもりをるはおのづから朦然として心たのしからず。しかるに春の半にいたり雪囲取除れば、日光明々としてはじめて人間世界へいでたるこゝちぞせらる。