“人間万事金世中”の読み方と例文
読み方割合
にんげんばんじかねのよのなか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのときの二番目は「人間万事金世中」で、この世話場へ出る可憐な辻占売の少年がわたしの眼についた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
○三月、新富座の一番目「赤松満祐」中幕「勧進帳」二番目リットンの翻案「人間万事金世中
明治演劇年表 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
狂言は——これも後に知ったのであるが——一番目「赤松満祐梅白旗」、中幕「勧進帳」、二番目「人間万事金世中」で、大切には「魁花春色音黄鳥」という清元常磐津掛合いの浄瑠璃が附いていた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)