“人間中”の読み方と例文
読み方割合
にんげんちう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、みて自分を見ると、自分は人間中で、尤も相手を歯痒がらせる様にえられてゐた。是も長年生存競争の因果されたかと思ふと余り難有い心持はしなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)