“人間並”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとなみ66.7%
にんげんなみ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全然理由の無い反抗心を抱いたものだが、それも獨寢の床に人間並の出來心を起した時だけの話、夜が明けると何時しか忘れた。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
全然理由の無い反抗心を抱いたものだが、それも独寝の床に人間並の出来心を起した時だけの話、夜が明けると何時しか忘れた。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「こんな、人間並でない自分をも、よくてて、かわいがってくだすったごれてはならない。」と、は、老夫婦のやさしいじて、きなをうるませたこともあります。
赤いろうそくと人魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)