“世界中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せかいじゅう44.4%
せかいぢゆう22.2%
せかいじゆう11.1%
せかいぢう11.1%
せかいぢゅう5.6%
せかいちう5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれどもそんなことでもしようとうんです。僕あなたくらい大事なものは世界中ないんです。どうか僕をしてください
シグナルとシグナレス (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
しかも苛責つて、しんでれるものは世界中一人もなかつた。御米にさへしみをらなかつたのである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
しかし、世界中どこにもあるこのに、日本では他國ることの出來ない一種られたのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
そこで『立派なユーモリスト』なる先生して、『世界中のひつくりかへるかな』とやつたんだ。どうだつたか。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
乳母 ま、あのよな! さまえ、あのよなお世界中女衆が……ほんに奇麗な、蝋細工たやうな。
でも世界中には、その火傷のあとが真赤つてゐるといふ。はれながらも、あのれなペンペのためにいてゐるのだ。
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)