“世界中”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せかいじゅう47.1%
せかいぢゆう17.6%
せかいじゆう11.8%
せかいぢう11.8%
せかいちう5.9%
せかいぢゅう5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“世界中”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 英米文学 > 戯曲22.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だれがなんといっても、ジャンセエニュ先生せんせい学校がっこうは、世界中せかいじゅうにある女の子の学校がっこうのうちで一番いい学校がっこうです。
母の話 (新字新仮名) / アナトール・フランス(著)
なんでもねこ天竺てんじくとら子孫しそんで、人間にんげんのために世界中せかいじゅうわるけもの退治たいじするんだといばっていたそうだ。」
猫の草紙 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
世界中せかいぢゆう何處どこつても、世間せけんさわがせるやう出來できてゐるやうだが
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
しかもその苛責かしやくわかつて、ともくるしんでれるものは世界中せかいぢゆう一人ひとりもなかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
日本につぽんほど學校がつこうのよくとゝのつたくに世界中せかいじゆうにもすくないといはれてをりますが
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
また世界中せかいじゆうのあらゆるくに人類じんるいが、みなおな時代じだいいしからどう
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
A 仕樣しやうがないなア。ロシアもつくりかへつた。ドイツもつくりかへつた。いま世界中せかいぢうつくりかへるんだよ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
そこで『立派りつぱなユーモリスト』なるしぶ先生せんせいこれして、『世界中せかいぢうのひつくりかへるあしたかな』とやつたんだ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
いまでも世界中せかいちうからすくちなかには、そのとき火傷やけどのあとが真赤まつかのこつてゐるといふ。
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
乳母 ま、あのよな! ひいさまえ、あのよなおかた世界中せかいぢゅう女衆をなごしゅが……ほんに奇麗きれいな、蝋細工らうざいくたやうな。
ロミオがおにゃれば、そちらうほどに、細截きりこまざいてほしにせい、したら大空おほぞらかはすばかりうつくしうなって、世界中せかいぢゅうものよるれ、もうれもあの爛々ぎら/\した太陽たいやうをがまぬやうにもなるであらう。