シグナルとシグナレス
「ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、 さそりの赤眼が見えたころ、 四時から今朝もやって来た。 遠野の盆地はまっくらで、 つめたい水の声ばかり。 ガタンコガタンコ、シュウフッフッ、 凍えた砂利に湯げを吐き、 火花を闇にまきながら、 蛇紋岩の崖 …
作品に特徴的な語句
なお れん 失策しっさく 白光しろびかり たし たが さお 準備じゅんび なに 田螺にし こお けっ はや ばしら ゆる 手前てまえ 紅火べにび なさ いそ 黄金きん ひび 非常ひじょう 電報でんぽう かみなり こご 列車れっしゃ 反対はんたい かさ めい かた かた よこ へん やわ 大笑おおわら 諸君しょくん よめ 突然とつぜん 立派りっぱ じつ せつ わか 山脈さんみゃく 腕木うでき うけたまわ がた しき きゅう 羅紗ラシャ 結局けっきょく 若様わかさま つばめ もの 独楽こま せま 琥珀こはく かわら おい もう はたけ いた 白熊しろくま 盆地ぼんち ねむ 眼鏡めがね 着込きこ ひとみ 砂利じゃり くだ 磯波いそなみ れい 礼式れいしき いの 神様かみさま わら こた 約束やくそく ほそ 結婚けっこん 野蛮やばん やみ よろい 銀水ぎんいろ なまり にぶ 途方とほう