“遠野”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とおの81.8%
とほの18.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陸中の遠野とおのではこの日を麻の祝と名づけ、早朝に背の低い女の来ることをいやがり、来ると松の葉でいぶしてはらいをした。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ですが遠野とおのだとか岩泉いわいずみだとか、もっと北の軽米かるまいだとかいう町は、今も昔の生活を濃く思わせる所であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
遠野とほのも見たり——夏は来ぬ
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
遠野とほの鴿はとの面影に
草わかば (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)