“料簡次第”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうけんしだい50.0%
れうけんしだい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神文の表には、殉死とも、籠城とも、約束してなかった。ただ、進退一致だった。——内蔵助の料簡次第にと、めてある。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
判證文つたでも驅落をするもあれば持逃げのもある、料簡次第のものだわな、いはゞにはつてろさ、つかたないかいてなけりやれはせん
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)