“次第高”の読み方と例文
読み方割合
しだいだか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼻の間せはしからず次第高に、口小さく、歯並あら/\としてく、耳長みあつて縁浅く、身を離れて根まで見透き、額はわざとならず自然の生えどまり、首筋立伸びて後れなしの後髪
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)