燕尾服着初めの記えんびふくきぞめのき
此れは逗子の浦曲に住む漁師にて候、吾れいまだ天長節外務大臣の夜会てふものを見ず候ほどに、——と能がゝりの足どり怪しく明治卅二年十一月三日の夕方のそり/\新橋停車場の改札口を出で来れるは、斯く申す小生な …
作品に特徴的な語句
胡麻塩ごましほ 先途せんど 牡丹餅ぼたもち 逗子づし 関羽くわんう 束髪そくはつ 頬張ほゝば 文言もんごん 起居たちゐ 裾模様すそもよう はま べつ 壁際かべぎは 徽章きしよう 丈長たけなが 割拠かつきよ たふ せば 繻珍しゆちん 布衣ほい 機敏きびん 猪首ゐくび だう 手套てぶくろ 温気うんき 御伴おとも のが 錦手にしきて くさり 紅色くれなゐ 性癖せいへき 相携あひたづさ 更衣かうい 田舎漢ゐなかもの かい ひく 西比利亜さいべりあ りやう 焦心せうしん 曙染あけぼのそめ 都風みやこふう 白繻子しろじゆす 緑葉りよくえふ 白光プラチナ 大広間ホール 長髯ちようせん 大皿だいへい 胴衣チヨツキ 擦傷すりきず しよ 釦鈕ボタン 損料そんれう 清人しんじん 犬殺いぬころし けだ 鯱張しやちば 人爵じんしやく 大玄関おほげんくわん 閑院宮かんゐんのみや 剣𣠽けんぱ 外套室クロークルーム 居敷ゐしき 巡廻へめぐ 桃紅色とうこうしよく 相挈あひたづさ 筒切つゝぎ 顔揃かほぞろ