“絶果”の読み方と例文
読み方割合
たえはて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んで息絶たりお光はほつと長息夜具かい退てよく/\見れば全く息は絶果て四邊は血汐のからゐ見るもいぶせき景状なり不題大藤左衞門は娘が出しをも知ずてを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
はゞまでと腰なる一刀拔くより早くさせじと五郎藏が口の中へ突貫し二ツ三ツりしかば五郎藏は七轉八倒なすのみにて其儘絶果たりて久兵衞は一刀をに納め周章狼狽五郎藏の死骸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
たる者も今は見放寄付ず身近き親類なければ何語らんも病の親と私しと二人なれば今迄御定宿の方々も遂にへ皆取られ只一人も客はなし其上去々年山津浪たる上に荒果宿人も猶猶なく親子の者の命の絶果る身の是非もなく宿のれに旅人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)