“山津浪”の読み方と例文
読み方割合
やまつなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雑草の中の水溜りにが降りて何かをり歩いているのが、いかにものんびりした光景で、此処ばかりはそんな山津浪痕跡などは何処にもない。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
關東大地震のときつた根府川山津浪は、雪崩のような現象小規模つたかもれない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
たる者も今は見放寄付ず身近き親類なければ何語らんも病の親と私しと二人なれば今迄御定宿の方々も遂にへ皆取られ只一人も客はなし其上去々年山津浪たる上に荒果宿人も猶猶なく親子の者の命の絶果る身の是非もなく宿のれに旅人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)