細雪ささめゆき02 中巻02 ちゅうかん
幸子は去年黄疸を患ってから、ときどき白眼の色を気にして鏡を覗き込む癖がついたが、あれから一年目で、今年も庭の平戸の花が盛りの時期を通り越して、よごれて来る季節になっていた。或る日彼女は所在なさに、例年のように葭簀張りの日覆いの出来たテラスの …
作品に特徴的な語句
アインス いろ くる ドライ しょく ツワイ かかずら じか しょ フィール がさ とう わた おお 恰好かっこ 其方そちら ぼん 執拗ひつこ がさね 御足みあ 何卒ビッテ やす ようよ あたし 云付いつ ちゅう いど がえる かえ 家中いえじゅう 出来でけ こう 青木おおぎ いえども あせ とも ゆる はず なつか 蹲踞うずく うら あく おく 彼方あっち こす かぼ さかさ ぎら いた 唾液つばき 点頭てんとう 喧嘩げんか ちな こす たまり はず 大凡おおよ 如何いかが たん ゆだ いや 茶碗ぢゃわん はあ よね 細々ほそぼそ かご はた まつ めく よじ がえん あお くう あるい 師匠しょ 彼処あそこ はず 此方こっち
題名が同じ作品
細雪:01 上巻 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)