化銀杏ばけいちょう
貸したる二階は二間にして六畳と四畳半、別に五畳余りの物置ありて、月一円の極なり。家主は下の中の間の六畳と、奥の五畳との二間に住居いて、店は八畳ばかり板の間になりおれども、商売家にあらざれば、昼も一枚蔀をおろして、ここは使わずに打捨てあり。 …
作品に特徴的な語句
おい 母様かあちゃん 良人さき よッ 恐怖こわい 母様おっかちゃん ばれ きめ みし 可恐こわい おきて 良人うちの 父親おとっさん きわめ しまり はや ころし さま 先達こないだ 父様おとっちゃん から ひさ 扮装でたち 執着しつこ まご おり いい せなか 下婢げじょ 住居すま 取附とりつく ひま 一葉ひとつ うしろ だき 微笑えみ 姉様あねえさん ざかり ひやや 離縁さられ かお クラス わらい 良久ひさ うき しる 横腹よこッぱら かつ ちいさ じゃく すき 女房おかみ すき づれ よぎ おれ 叱咤ひッちか 反対あちこち 参詣まい 六歳むッつ ちゅう 不可いけない のみ かぶり ことば 落着おちつき あわた 金沢こっち ちがい 可愛かわゆ ため 退さが おく こた こうべ むくい なく たのしみ あわれ ねむ 廃止よせ たまき 先刻さき ほど 汲出くみい なく たなそこ 定規さだめ 入来いりく 爪弾つめびき とっ れん さす おもい とま しわぶき 呪詛のろ こう