“容体”のいろいろな読み方と例文
旧字:容體
読み方割合
ようだい85.1%
ようたい8.5%
ありさま4.3%
ていたらく2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
池辺君の容体が突然変ったのは、その日の十時半頃からで、一時は注射の利目が見えるくらい、落ちつきかけたのだそうである。
三山居士 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
懊悩としてへざらんやうなる彼の容体幾許の変も見えざりけれど、その心に水と火の如きものありて相剋する苦痛は、募りてざるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
見そなはす如き容体、とても在命る身にしあらねば、臨終の際にただ一阿姐に頼み置きたきあり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
顔は水膨れに気味悪くふくれ、眼はじく一所を見つめ、鼻洟開いた口に垂れ込み、だらりと大いなる睾丸をぶら下げたるその容体、自分は思はず両手に顔をつたのであつた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)