“やうす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
樣子54.0%
様子18.0%
態度7.0%
挙動5.0%
風采4.0%
容子3.0%
擧動2.0%
動靜1.0%
光景1.0%
外貌1.0%
姿致1.0%
容態1.0%
景状1.0%
風貌1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つく/″\と小池は、田舍の小ひさな町に住みながら東京風の生活にれて、無駄な物入りに苦んでゐるらしい母子樣子を考へた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「ほんとさ。おさん。」おは首を長くして、「私の僻目かも知れないが、はどうも長吉様子が心配でならないのさ。」
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
清浦奎吾氏は持前の容貌が、頭は尖つてゐるし、眼は小さし、余りどつとしないので、せめて態度にでもしつかりしたが無くつちやと
あい……旦那様有難うございます。と可愛らしい手をいて、を横にして挨拶をします挙動が手のきやうから、辞儀仕方がなか/\叮嚀でげす。主「ンー……お前様んだらうね……。 ...
髪は塵埃れて白け、面は日に焼けて品格なき風采の猶更品格なきが、うろ/\のそ/\と感応寺の大門を入りにかゝるを、門番尖り声で何者ぞと怪み誰何せば、吃驚して暫時眼を見張り
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
何程節約してもにじり/\とくのみである財布つて、いたぢたでもしてるのだといふ容子をして々々とんでした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
菊池君は私には叩頭をして、滿々と酌を享けたが、此擧動は何となく私に興を催させた。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
日にで支度にば二月の末には萬々用意はのひたり爰に皆々を呼集評定に及ぶ樣はさま江戸へ下るべきや又は大坂表へ出て動靜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
周旋すべし依て千兩は千石の御墨附と御引替にるべしとらうに兩人とも昨日の動靜安堵しければこの事を所々へ取持たれば其を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
するとから、その光景ふのには、「その巡査さんがね、洋刀を、カチヤ/\カチヤ/\ぶつてつてた。」とします。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
番頭の庄兵衞、無口らしく頑固らしい外貌に似ず、思ひきつていろ/\のことを打合けてくれましたが、恐らくこれは、新主人に對する、日頃の鬱憤を漏らしたものでせう。
幾度水にツたかと思はれる銘仙に、新しい毛襦子をかけて、しやツきりした姿致長火鉢の傍に座ツてゐるところは、是れが娘をモデルに出す人柄とは思はれぬ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
病人あしらひにされるまでの事はない、手拭だけを絞つて貰へば顔も一人で洗ふたが好い気持ぢや、との緩みし小盥に自ら水を汲み取りて、別段悩める容態も無く平日の如く振舞へば
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
これよりは鋭次に会ひ、其時清を押へ呉たる礼をも演べつ其時の景状をも聞きつ、又一ツには散〻清を罵り叱つて以後我家に出入り無用と云ひつけ呉れむと立出掛け
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)