“長火鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ながひばち98.7%
ながしばち1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寒い時分で、私は仕事机の紫檀長火鉢を置いていたが、彼女はその向側行儀よく坐って、両手の指を火鉢のへかけている。
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
包みの中から、ウイスキーや、ハムや、チーズなぞを出して、長火鉢の前にどっかと坐った。もう昔の青年らしさはおもかげもない。
晩菊 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
女はギクリとして障子の中をいた、そこには、さんかぶりの後むきが、小意気な半纏を着た朝の姿で、たすきをかけて、長火鉢艶拭をしていた。