独絃哀歌どくげんあいか
哀調の譯者に獻ず 一、この小册子に蒐めたる詩稿は曾て「太陽」「明星」其他二三の雜誌に載せて公にしたるものなり、ここに或は數句或は數節改刪して出せり。 一、諸篇中「小鳥」「星眸」等の如きは最も舊く、其他多くは一昨年の秋このかたの作なり。ただ「 …
作品に特徴的な語句
かひ きね いまし 永劫とこしへ 黎明あした 平和やすき あが せい ひら やう 誘惑まどはし なほ うま 微笑ほほゑ やは にひ 黎明あさあけ 永遠とは には 苛責せめ みの うつ みつ 疾風あらし しな つら 虚空みそら 薫香かをり しぼ かへ くれなゐ なれ おこな さま しを 常住とは 犧牲にへ 花瓶はながめ 宿しゆく 嫉妬ねたみ おも かし 疾風はやち まな 大神おほがみ 精魂たましひ こと もと つの 豪華さかえ 水際みぎは ゆら ゑが 箜篌くごう とど 神魂かむむすび くい かわき わか くん あや うしほ かぎ 北海きたうみ 閃電いなづま 無窮とこしへ くが まばゆ はた 苦惱なやみ つち さかづき こわ