“箜篌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くご71.4%
くこ14.3%
くごう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のみならず、一切の建物が美しい朱や緑に塗られ、透彫りの金具や軒の風鐸箜篌がきらびやかに相映った
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
いざ君かなでよ箜篌、——青水沼
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)