藤十郎の恋とうじゅうろうのこい
元禄と云う年号が、何時の間にか十余りを重ねたある年の二月の末である。 都では、春の匂いが凡ての物を包んでいた。ついこの間までは、頂上の処だけは、斑に消え残っていた叡山の雪が、春の柔い光の下に解けてしまって、跡には薄紫を帯びた黄色の山肌が、く …
作品に特徴的な語句
ふさわ たのま むげ いや きつ 諧謔たわむれ つれ かお 動作しうち おそろ おっしゃ ひそか うずく とも 歌妓うたいめ こま おり いだ つもり のが にの ひっ なま 芸題だしもの こが とお きび 取払とりはらわ 蹴合けあわ とう 理由いわれ はず つつ ひそか くび から 肝脳あたま おぼ まず ほぞ 彼方あちら えん ひき たび 平素いつも さいな こまね だけ こいし つい 蒼白そうはく 密夫みそかお 実事じつごと きま すぐ まか 誰人たれ 時刻とき 夕霧ゆうぎり たた 清水きよみず もら しか あずま のが しがらみ はるか すべ すさま きま 傀儡くぐつ うつ 淙々そうそう すく 東路あずまじ わらべ たた あふ 演伎えんぎ 演活しいか ようや 稽古けいこ やや うしお 瀬鳴せなり まれ 眉毛まゆげ 片隅かたすみ
題名が同じ作品
藤十郎の恋 (新字新仮名)菊池寛 (著)