“夕霧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆふぎり41.7%
ゆうぎり41.7%
ゆうもや8.3%
ユフギリ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……いのはかとゆる、かとゆる、かとゆる、らし夕霧く、美女かともめらるゝ。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
二つのを口にかざしながら、雲とも夕霧ともつかない白いものにボカされているてへ、声かぎりび歩いてきた。返辞がない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夕霧にうすれてゆくのを見送りながら大声で泣出したくなったのを覚えている。
夕霧」の「ぎ」に(乙)類の文字を用いているのを見れば、「ぎ」に当る二類はちょうど「き」にあたる二類に相当するもので、「ぎ」の(甲)は「き」の(甲)に
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)