パアテル・セルギウス
千八百四十何年と云ふ頃であつた。ペエテルブルクに世間の人を皆びつくりさせるやうな出来事があつた。美男子の侯爵で、甲騎兵聯隊からお上の護衛に出てゐる大隊の隊長である。この士官は今に侍従武官に任命せられるだらうと皆が評判してゐたのである。侍従武 …
作品に特徴的な語句
おつし おこなひ 昼食ひるしよく 執行しゆぎやう いぶかり もと 祖母 俯伏うつふし 此方このかた 為合しあはせ 同胞どうはう かまひ 言語げんぎよ さみ 所為しよゐ じゆ うす じゆ よそほひ 刺繍ぬひとり 点滴あまだれ あはれ 女色ぢよしよく 宿下やどりくだ たつと 白楊はくやう はた かたむき 処女をとめ おびやか すゞ 法衣はふえ 可哀かはい 合力がふりき 行潦ぬかるみ むくい かたはら 妄想まうざう しうとめ くは 貶黜べんちつ 帰途かへりみち まゐ 誇張くわちやう しん 饒舌しやべ あた いや くう 何故なにゆゑ みた 剪刀かみそり てん 周囲まはり 填合うめあはせ ぶち 懸崖がけ 慰藉なぐさめ 平等へいとう あわたゞ おろか 御尤ごもつとも 微笑ほゝゑ いかり 請待しやうだい みひら 眼下めした をは はた 生得しやうとく せば 燕麦からすむぎ 燈火ともしび 為切しきり そばだ 脱力だつりよく 欷歔すゝりなき かし おそれ つか 街道かいだう 見下みくだ 見交みかは かど 揶揄からか さしはさ なげう 打擲ちやうちやく 許嫁いひなづけ 所以ゆゑん たち ゆる さは 境界きやうがい