“煨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おき60.0%
うずみび20.0%
20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのグローマン風に分けた長い銀色をした頭髪の下には、狂暴な光に燃えて紅い凝然めている二つの眼があった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ところが、その矢先——焔の尽きたが弓のようにだれて、燐寸が指頭から放たれた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
天皇は吉野を出て宇治の奥、田原里で、里人の情のき栗・ゆで栗を山のに埋めて、わが身栄ゆるものならば、此栗生え出る様に、とうけひ給うたら、栗が生え出した。
愛護若 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)