“おき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オキ
語句割合
31.4%
14.1%
隠岐13.7%
13.4%
12.3%
御氣2.5%
1.1%
隱岐1.1%
起床1.1%
0.7%
0.7%
0.7%
御訊0.7%
0.7%
0.4%
0.4%
0.4%
御聞0.4%
中流0.4%
億岐0.4%
0.4%
御伐0.4%
御尋0.4%
御気0.4%
淤岐0.4%
0.4%
炭火0.4%
熾火0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのもなく、やかなであったから、のかなたはかすんで、はるばると地平線茫然のようになってえました。
赤い船 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「ぢやあ、お、著物を著せて上げよう。長さんは小さくても男だから、一しよに往つてくれれば、其方が好いのよ」と云つた。
最後の一句 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
その後は都から影を絶ってしまって、消息は不明である。元弘二年、後醍醐天皇の隠岐遷幸の年、七十九歳をもって世を去った。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
今晩連參れと申されければ幸藏はおせん與惣次に向ひ願の趣きお取上に相成たれば今宵お御本陣迄り出よと乘輿
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
長吉は黙って掌での見当をつけて煙草をけた。お杉の顔はりでいっぱいになっていた。お杉は次のへ顔をやった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
至情をあざけるは、百萬年も千萬年きるがい、御氣ながら地球諸君むべくつてる、のかたまり先生諸君
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
れた草葺をゆさぶつて西風がごうつとちつけてには火鉢はまだつてかゝつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
多古の鼻を過ぐるころには、隱岐もかすかに望まれた。島前島後。その二つの島影がそれだ。海路としては、その邊が隱岐への最短の距離にあるといふ。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
お前さんはと二、三前に起床られるようになったばかりじゃないか。それに、こんな天気に外出するとまた悪くなるよ。もう少し我慢をしなさい。
碧眼 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
天つ風山吹きおろし長しひた吹きあつる真向ひの雲
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
以てゆうめんする事上たる人の有ましき事なり第一にふけり以の外いやしきてなり然らば金銀あるものは惡事なしむつかしき時にはわづか金銀を出せば濟事也とをくゝり惡事
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
向て夫婦諸共伏拜み夫れよりへの金銀にて敵討支度やかにへ其日の來るを待詫けり然程に大岡越前守殿には一日て次の日此の通り吾助お兼宅兵衞其外關係の者共を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「でも御訊き遊ばしたからさ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたしはこうして夏が、立ち去った狩うどのようにのこしておいた、燃えのこりので煖まったのである。
「白細砂」とあって、やはり砂のことを云っているし、なお、「八百日ゆく浜のも吾が恋にまさらじかつ島守」(巻四・五九六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
吾背子はいづくくらむ名張今日ゆらむ 〔巻一・四三〕 当麻麿の妻
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
かれその天の日矛の持ち渡り來つる物は、といひて、珠二、また比禮る比禮、風振る比禮、風切る比禮、またつ鏡、つ鏡、并はせて八種なり。
つ鳥二三 見る時
わのが、阿古屋珠
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
遠鳴、——
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
もあれ兩親てられまするに、つまらぬまして、貴君にまでやな御聞かせました
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
もう此樣御聞かせませぬほどに心配をしてさりますなとてふあとから母親たてゝといふ此娘不仕合一しきり大泣きの、くもらぬからしくて
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
一言、手早く尻をからげてザブ/\と流れる小供の後を追ふ。小供は刻々中流へ出る、間隔は三間許りもあらう。水は吉野の足にる。川原に上つた小供らは声を限りに泣騒いだ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
次に億岐洲と佐渡洲を双子に生む。(略)次に越洲を生む。次に大洲を生む。次に吉備子洲を生む。是に由りて大八洲国と曰ふ名は起れり。
日本天変地異記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
身に引受無理白状に及びしかば終に口書印も相濟明日頃御所に相成由ゆゑ火急に願ひ奉つると申立るを縫殿頭殿先刻より熟々聞居られしが頓て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
御自分に御買いになった木を御伐りになるに申分は無いが、何故此方の山の木まで御折りになったか、金が欲しくて苦情を申すでは無い、金は入りません、折れた木をの様にしてきたい。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
さうではないと仰有つても、私にはよくわかつて居ります。何時ぞや御一しよに帝劇を見物した晩、御姉様は私に俊さんは好きかと御尋きになりました。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
という歌は万口一斉歎賞するように聞き候えば今更取りいでていわでものことながらなお御気のつかれざることもやと候まま一応申上候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
最後に來ましし大穴牟遲の神、その菟を見て、「何とかも汝が泣き伏せる」とのりたまひしに、菟答へて言さく「淤岐の島にありて、このに度らまくほりすれども、度らむなかりしかば、 ...
ここよりにまたある島の主我を殺してこの島を取らんと常に来り戦うをこれまで追い返したが、明日は死生を決し戦うはず故、我を助けもらわんとて汝らを迎えたと
窪んだ眼窩であった。その奥で、炭火のように輝いているのは、熱を持った眼であった。老人の体は、これ以上痩せられないというように、痩せていた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と、お三は、また、疎らな歯を剥き出して、ニタリとしたが、手早く、火鉢の熾火をかき立てて
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
しかるに横田家の者どもとかく異志を存する由相聞え、ついに筑前国罷越。某へは三斎公御名忠興の字をわり、沖津を興津と相改め御沙汰有之候。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
弁慶縞高柳郷にかぎれり。右いづれも魚沼の村々也。此ちゞみをす所二三ヶ村あれど、らにせざればしばらくてしるさず。縮は右村里の婦女らが雪中に手業也。