“御気”のいろいろな読み方と例文
旧字:御氣
読み方割合
ごき60.0%
おき20.0%
みけ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ご懇意という程でもないが——主人の使いなどで、しげしげ参るうちに、あのように御気さくなので、いつのまにか、馴々しゅう伺っておるので」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
という歌は万口一斉歎賞するように聞き候えば今更取りいでていわでものことながらなお御気のつかれざることもやと候まま一応申上候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
「法皇とても、おなじお気持でいらせられる。御気しきにこそ出されぬが、お憤りはどんなにか、鬱積していらるるのじゃ。さものうては、新大納言はじめ、われらどう歯ぎしりしたところで、うごきはせぬ。……」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)