“歎賞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんしょう75.0%
たんしよう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といふ歌は万口一斉歎賞するやうに聞き候へば、今更取り出でていはでもの事ながら、なほ御気のつかれざる事もやと存候まま一応申上候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
私はなぜもつと大勢の人がここへやつて来て、この美しい建築を歎賞しないのだらうかと、不思議でならなかつた。私は自分だけに許された特権をひそかに享楽した。
母たち (新字旧仮名) / 神西清(著)
正否のほどは保證いが、それはとにこんな些細事物まで科學的整理せられてゐることは歎賞するであらう。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)