“諸共”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もろとも98.6%
ともども1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小木諸共して猛進するのであるから、如何なる險山深林しても、進行停止せらるゝやうなはないのである。
充分、無駄な戸を抑えさせて置いて、久米之丞は大刀の切ッ先をそこへ向け、力いッぱい刺し入れて、ふすま諸共えぐり廻しました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
むむ、はな、これから直ぐに彼奴の後をけて何をするか眼を着けろ。「飲込ました。「実に容易ならぬ襤褸が出た。少しでも脱心が最後、諸共に笠の台が危ないぞ。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)