“隱岐”の読み方と例文
新字:隠岐
読み方割合
おき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしは隱岐の島にいてこの國に渡りたいと思つていましたけれども渡るすべがございませんでしたから、海のいて言いましたのは
多古の鼻を過ぐるころには、隱岐もかすかに望まれた。島前島後。その二つの島影がそれだ。海路としては、その邊が隱岐への最短の距離にあるといふ。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
かれ伊豫の國を愛比賣といひ、讚岐の國を飯依比古といひ、の國を、大宜都比賣といひ、土左の國を建依別といふ。次に隱岐三子の島を生みたまひき。またの名は忍許呂別