“島前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうぜん80.0%
たうぜん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「たとえ鰐淵寺の船であろうが大社船であろうが、かまえて許可なく島前に着けさすなと、かたく申しつけてあるではないか」
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
エノコ 隠岐島前ではの根をエノコという(昔話研究一巻九号)。この名称は他の地方ではまだ聴かない。
食料名彙 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
伊豆あたりでも、烏賊釣の灯は美しいけれども、とてもあんなもんぢやありません。それに、島前の地形が面白い。
談片 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)