食料名彙しょくりょうめいい
諸君の『食習採集手帖』が整理せられたら、この語彙はまた大いに増加することであろうが、それを促す意味をもって、まず自分の今までに控えておいたものを並べてみる。この中には救荒食物は入っていない。またいわゆ …
作品に特徴的な語句
沢庵たくあん 眷属けんぞく 諏訪すわ ひえ たこ 飢饉ききん もみ かす とう 海苔のり ひさ 伯耆ほうき 醗酵はっこう 焼酎しょうちゅう ふるい せり 石見いわみ 独活うど そり 熟柿じゅくし すし 焜炉こんろ 鉋屑かんなくず 鰹節かつおぶし たら 茶筅ちゃせん ゆず 海女あま もち 頬張ほおば きね 高麗こうらい 桶屋おけや 胡椒こしょう くじら 蔬菜そさい 手毬てまり かす 前栽せんざい 糯米もちごめ へら 蒲原かんばら 味噌漉みそこ 澱粉でんぷん つと 野葡萄のぶどう 水飴みずあめ 葛湯くずゆ 三国みくに 遠山とおやま がま 勧説かんぜい 唐箕とうみ 葡萄牙ポルトガル よもぎ 語彙ごい 霖雨りんう 幸手さって おけ 頸城くびき さわら 酒精アルコール 三戸さんのへ 九年母カブ 食餌しょくじ こうじ 男鹿おが 蕃椒ばんしょう 山牛蒡やまごぼう 楕円だえん 唐黍とうきび こうぞ わか 家禽かきん 鹿角かづの 一握ひとつか 小谷おたり 恵比須えびす 野辺地のへじ いわし 海部かいふ 大槌おおつち 山上憶良やまのうえのおくら 万石まんごく 刈羽かりわ 北安曇きたあずみ 北設楽きたしだら 手杵てぎね 歳神としがみ こしき 蕪菜かぶらな あわび