食料名彙しょくりょうめいい
諸君の『食習採集手帖』が整理せられたら、この語彙はまた大いに増加することであろうが、それを促す意味をもって、まず自分の今までに控えておいたものを並べてみる。この中には救荒食物は入っていない。またいわゆるいかもの食いの食えば食えるというものも …
作品に特徴的な語句
こご しら かけ いみ ざい 一握ひとつか 率土そと 粳米うるちまい 蕃椒ばんしょう さいわ 天川てんかわ まじな 籾摺もみすり かし 海部かいふ よもぎ おけ 日向ひゅうが 遠山とおやま 小谷おたり 大槌おおつち はや がん かす 高麗こうらい 三面みおもて 蒲原かんばら かび まれ ひえ 稗貫ひえぬき えい たて 竹笊たけざる 竿さお たけのこ 一宮いちのみや 箒草ほうきぐさ かぞ はし へら ふるい すず もみ もち 粉糠こぬか あわ めん かゆ こうじ のり かす 糯米もちごめ 締木しめぎ まと ののし 鹿角かづの むこ 肝属きもつき 肝油かんゆ 胡椒こしょう 能美のみ 脱稃だっふ ぜん うす ます いも 芋殻いもがら せり たら つと 苧糸おいと 茄子なす 茎立くきだち 茶筅ちゃせん くず 葛湯くずゆ 葡萄ぶどう 葦北あしきた 酒盗しゅとう かま 醗酵はっこう 酵母こうぼ 酒精アルコール 酒粕さけかす すし 豊後ぶんご