“糟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かす92.0%
ぬか8.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初雄 えへん、君はこの村において、肥料にもならない、更に、あえて、しかしてその、いささかも用のない人です。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
要するにれて放擲られた都會の生活の殘骸………雨と風とに腐蝕したと切ツぱしとが、しもしい小汚ないとなツて散亂ツてゐる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
と云って、国の母の手づくりのかき餅、づけの瓜など届けて呉れることがあった。千鶴子が思いがけず半紙から練香を出して火鉢に入れたりした。
沈丁花 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
例えば室内に刀掛があり、寝床には日本流の木の枕があり、湯殿にはを入れた糟袋があり、食物もめて日本調理のにして茶椀なども日本の物に似て居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)