“糟屋”の読み方と例文
読み方割合
かすや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一柳四郎右衛門、平野権平、脇坂甚内、糟屋助右衛門、片桐助作、桜井佐吉、伊木半七などであり、ほかにも秀吉馬廻りの面々があった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『倭名鈔』の郷名には駿河富士郡久弐郷がある。また備後御調郡、周防玖珂郡、筑前の糟屋郡ともに柞原郷があって、後の二つは明らかにクハラと訓んでいる。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
五左衛門聞入れず、引くべき場所を引取らぬ不覚人の盛政、今更何の相談ぞ、既に北国の運命尽きる日ぞと云って返し戦う。糟屋助右衛門、好敵と見て五左衛門と引組んだ。
賤ヶ岳合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)