“糟谷”の読み方と例文
読み方割合
かすや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糟谷西洋葉巻きを口からさないのと、へたの横好きにを打つくらいが道楽であるから、老人側にも若い人のにもほめられる。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
それは鎌倉時代の慧春尼という人で、「比丘尼史」に依ると、尼の俗姓は藤原氏、相模の糟谷に住み、容姿絶群であったという。
美しい日本の歴史 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
細君から手移しにしつけられて、糟谷はしょうことなしに笑って、しょうことなしに芳輔いた。それですぐまた細君した。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)