“糟谷夫婦”の読み方と例文
読み方割合
かすやふうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
精神上からみると、まことに無意味浅薄な結婚であったけれど、世間の目から羨望の中心となり、一近郷の話題の花であった。そして糟谷夫婦もたわいもないうておった。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)