“ぬか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヌカ
語句割合
37.3%
28.2%
18.0%
泥濘5.6%
3.2%
2.5%
1.8%
0.7%
0.7%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
糠粃0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の言葉によると、彼ほどの誠をもって、その若く美しい女の霊前にずいたものは、彼以外にほとんどあるまいという話であった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
折角智慧を紋つたも、夜道ではあまり役に立たず、そのうちに空ツ風が吹いて、明日をも待たずに吹き飛ばされて了つたのです。
肥満のお三どんが、ぶっちょう面をしゃあがって、旦那様とか、先生とかお言いなさい、御近所へ聞えます、としただろうじゃねえか。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これはうれしい。の細かな赤土が泥濘りもせず干乾びもせず、ねっとりとして日の色を含んだ景色ほどありがたいものはない。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この辺はいわゆる山の手の赤土で、少しでも雨が降ると下駄の歯を吸い落すほどにる。暗さは暗し、靴はを深く土に据えつけて容易くは動かぬ。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
尋常の犬なりせば、その場に腰をもすべきに。月丸は原来心き犬なれば、そのまま虎にてかかり、叫んで暫時がほどは、力の限りひしが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
その上軌道の上はとにかく、両側はすこぶるっている。それだのに初さんはでずんずん行く。自分も負けない気でずんずん行く。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「俺は立ち會はない方がよからう。——りもあるまいがこいつは久吉の命にはることだ。隱宅を飛び出してから四半刻(三十分)の間、どこにゐたか、そいつを訊くんだぜ」
例えば室内に刀掛があり、寝床には日本流の木の枕があり、湯殿にはを入れた糟袋があり、食物もめて日本調理のにして茶椀なども日本の物に似て居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
吐露だ才六めだ錢を貸すぬはも汝の口から馬鹿八とは何のことだ今一言したら腮骨蹴放すぞ誰だと思ふ途方もねへと云へば切首は眼を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何だしい贅言云ずと此を叔父だとせば事だとる聲の耳に九郎兵衞は不※目をし猶も樣子を打聞る一人の女の聲扨は我今りし中惡物共がお里を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ツて、大きな声でして居やがつたつけ。何でも酒を余程飲んで居た風だつた
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
せめては令見の為にも折々を刺して、再び那奴べしめざらんにかずと、昨日は貫一のらず厳談せよと代理を命ぜられてその家に向ひしなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
岸には大八車にべか車、荷駄の馬、負子などが身動きもならぬ程に押合いへし合い、川の岸には山と積上げられた灘の酒、堺の酢、岸和田の新綿、米、藍玉灘目素麺、阿波蝋燭、干鰯。
棺はを用いず、大抵箱形なり。さて棺のまわりに糠粃を盛りたる俵六つ或は八つを立掛け、火を焚付く。俵の数はの大小によりなるなり。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
またそののうつくしさ
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)