山羊の歌やぎのうた
トタンがセンベイ食べて 春の日の夕暮は穏かです アンダースローされた灰が蒼ざめて 春の日の夕暮は静かです 吁!案山子はないか——あるまい 馬嘶くか——嘶きもしまい ただただ月の光のヌメランとするまゝに 従順なのは春の日の夕暮か ポトホトと野 …
作品に特徴的な語句
倦怠けだい ぎれ もの ばた かなし ふけ くる 耳朶みみのは あをぐろ うし ゑま をみな いう いづ ごろも 喧騒どよもし ゑみ よつ をうな かかは かな 何処いづく かん さか しやが あし 聖母サンタ・マリヤ 終焉をは 樹脂じゆし もの かす 屋外やぐわい 憧憬しようけい 雨水うすい さまた たの しやく がう 先達せんだつて しを みづか たぐ くれなゐ 汚濁をぢよく すぢ 嬰児みどりご 宿酔ふつかよひ いはほ しづ こぼ 髪毛かみげ ぬか 阿呆あはう をち 道化どけ はしや 蹌踉よろ こと 蕭々せうせう かひな しし わづら 清水しみづ あは みぎは 正当あたりき あらた 悉皆すつかり 怖気おぢけ 仰向あふむ 寂莫しじま もと つつま たきぎ 大根だいこ あか よる いとぐち くら 牡牛をうし はや 夕餉ゆふげ 咽喉のんど 殷盛さか ゆふべ さかひ たぎ かつ つひ まなこ 這入はひ