趣味の遺伝しゅみのいでん
陽気のせいで神も気違になる。「人を屠りて餓えたる犬を救え」と雲の裡より叫ぶ声が、逆しまに日本海を撼かして満洲の果まで響き渡った時、日人と露人ははっと応えて百里に余る一大屠場を朔北の野に開いた。すると渺々たる平原の尽くる下より、眼にあまる獒狗 …
作品に特徴的な語句
はからい くんだ ぶる そくな 蜿蜒のた あっ 天下てんげ じき ゆう うま かい じゅう よめ たっ ぺん うし くび どう はん した げん あで いん きょ かお 退しりぞ おの おそろ あきらか はじ つら あせ おぼえ もと ねらい きっ ざま くら 相乗そうじょう 仮寝かしん おく たた 芥溜ごみだめ がく むき 砂煙すなけむ せい とおざ むら なな 判然はんぜん そく はず うったえ 大笑たいしょう 大野たいや かた つら うずた おっと しゅうと 寂寞じゃくまく いく 帰来きらい のば あた 追懸おいか むこう おのず 性来しょうらい かえ 悚然しょうぜん はば うけたま ぜん たず 出入しゅつにゅう あた 泥濘ぬか たい 洒落しゃ 先刻せんこく