“隱元”の読み方と例文
新字:隠元
読み方割合
いんげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筵の先には亂雜に手を建てた隱元が下葉は黄色に枯れて莢はまだなつて居る。博勞は板の間に※を敷いて
佐渡が島 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
(わん。)津島ぶ、隱元、きす、鳥肉。(。)たひさしみ、新菊だい二切れ。(。)えびしんじよ、なん、かぶ、つゆ澤山土瓶むしだけ。つけもの、かぶ、奈良づけ。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この朝顏夕顏いて、藤豆隱元、なす、さゝげ、もろこしの、また胡瓜糸瓜——令孃方愛相に(お)のをつけて——お南瓜、……と、砂村ぞろひにんだ、一騎當千
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)