“ひひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒヒ
語句割合
霏々48.2%
狒々27.3%
比々9.1%
猅々3.6%
2.7%
狒狒2.7%
卑鄙0.9%
0.9%
0.9%
猩々0.9%
秘扉0.9%
菲々0.9%
飛々0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と——弦之丞が、次の言葉をかける間もあらばこそ、怪しげな二人の侍——霏々とふる雪のあなたへ、脱兎のごとく逃げだしてゆく——。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日暮れ方にこの窓から覗いていると、あのブルドッグの狒々おやじが、往来を向うから横切って、妾の処へ通って来るのが見える。
ココナットの実 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
蕉門の著書といへども十中八、九は誤謬なり。その精神は必ずしも誤謬ならざるも、その字句はその精神を写す能はずして後生を来す者比々皆これなり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
小半次は自分の罪のひに、人身御供を助けて猅々を退治した氣でゐるんだらう。——が人を殺して變な細工をしたから、三輪の親分に地獄の底までも追つかけられるのだ
箒を逆にして空にらせたようなその梢に、どうしてのこったかたった一枚、真赤な楕円形の朽葉がひらひら動いていた。それが透明な二月の碧空の前に、ぽちりと滴った血のように美しく見える。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
就中狒狒型」「猩猩型」なぞいうものがありますが、もうこの辺になると、だくれの異名か好色漢の綽名か、又は進化論者が人類侮辱の刷毛序につけた醜名
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
臣はもと布衣、みずから南陽に耕し、いやしくも性命を乱世に全うし、聞達を諸侯に求めざりしに、先帝臣の卑鄙なるを以てせず、におんみずから枉屈して、三たび臣を草廬にかえりみたまい
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
生れたままの、自分の意志——というよりも我意を、高山の頂に生いたった杉の木のように矗々らしている大将であった。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
放下たる空隙より践外して、なくも
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
一同はそれらを皆ふさいでいった。また発見された物にはずいぶん珍しいものがあった。なかんずく猩々骸骨はすぐれたものであった。
番兵が秘扉をひらいて、彼を簾外へいざなうと、玄徳の妻室甘夫人と、側室の糜夫人
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金殿玉楼その影を緑波に流す処春風柳絮は雪と飛び黄葉秋風菲々として舞うさまを想見ればら青貝の屏風七宝の古陶器を見る如き色彩の眩惑を覚ゆる。
宵のうちには、乱雲飛々のあいだに、月のこぼれて来る間は短く刻まれていたが、いつのまにか大空の雲は片寄って、広い星梨地の天体がぎ出されていた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)