忠直卿行状記ただなおきょうぎょうじょうき
家康の本陣へ呼び付けられた忠直卿の家老たちは、家康から一たまりもなく叱り飛ばされて散々の首尾であった。 「今日井伊藤堂の勢が苦戦したを、越前の家中の者は昼寝でもして、知らざったか、両陣の後を詰めて城に迫らば大坂の落城は目前であったに、大将は …
作品に特徴的な語句
たずさ ひっさ いささか 武士ざむらい しるし ぱく ぜい ひひ 無礼なめげ ひそか 誰人だれびと いつわり ほう もろこし おお 何人なんびと 寂然じゃくねん かばね まばゆ きざし 下括しもくく 不審いぶか 主馬しゅめ とき 御先おさき こぞ 朝暮あけくれ 津守つのかみ 洶湧きょうゆう 矗々ちくちく 耳朶じだ ほぞ よみが 衝動ショック 上部うわべ 丹後たんご 乙部おとべ 交際つきあ てい 佩刀はいとう まないた 傀儡かいらい ひが 元和げんな 入懇じっこん 八劈やつざ 公卿くげ 公方くぼう 其方そち 兼々かねがね 冒涜ぼうとく やいば 初花はつはな 利腕ききうで 剣戟けんげき まさ 匕首あいくち 双六すごろく 口碑こうひ みぎ 右近うこん 吉胤よしたね 和清わせい 哄笑こうしょう 唯々いい 四阿あずまや 土圭とけい 天晴あっぱれ 嫣然えんぜん なだ 家康いえやす 寄手よせて とら 封境ほうきょう 屡々しばしば 幔幕まんまく 平伏ひれふ もてあそ 強諫きょうかん 徒然つれづれ 微瑕びか 忠輝ただてる 怖気おじけ 恟々きょうきょう もと 悪怯わるび 慶安けいあん 我人われひと 手刃しゅじん 払子ほっす しご かす おお