“冒涜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼうとく89.9%
ばうとく8.1%
けが1.0%
ばうどく1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その冒涜ぼうとく的な調子をとがめるようにお弓。これは隠居が戸口から引返したために、引入れた久吉が見付からなくてホッとした姿です。
八五郎の説明は途方もないものでしたが、この冒涜ばうとく行爲も、相手が確かに男とわかつて、平次の神經を痛める程の事件でもありません。
その夜豹一が母を冒涜けがされたことは、今まで自分ひとりのものであると思っていた母がもはやそうでなくなったという感傷に彼を陥れたが、同時にまた
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
あの方のことを考へてはいけないと自分に命じたであらうか? 自然に對する冒涜ばうどくだ! 私の持つてゐる、あらゆる善良な、眞實な、活々いき/\とした感情が