“刷毛序”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はけついで85.7%
はけつい14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「少し凉し過ぎるが、良い日和ぢやありませんか。これから直ぐ正燈寺へのして、刷毛序仲町を覗きたいくらゐのもので」
就中狒狒型」「猩猩型」なぞいうものがありますが、もうこの辺になると、だくれの異名か好色漢の綽名か、又は進化論者が人類侮辱の刷毛序につけた醜名
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
とはいうものの……白状するが吾輩は、そのアトから直ぐに有志連中が調停に来るものと思って、実は手具脛を引いて待っていたもんだ。……来やがったらドウセ破れカブレの刷毛序でだ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)